Nurself

Nurself(ナースセルフ)をはじめた理由

こんにちは、ArchNurse代表のけんいちです。

こちらの記事では看護師ではない私が、なぜ看護師専門のキャリアメンターサービスをしているのか、自分の思考を整理する意味でもまとめてみました。キャリアに悩んでいる方もそうでない方も最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

自己紹介

私の主な経歴ですが、第二新卒で転職した会社で、看護師の転職支援にメンバーとして5年、管理職として5年携わり、その後、プログラミングの教育系ベンチャー企業に2社、現在は医療機関の採用支援の事業に携わっています。

個人でもキャリアコンサルタントの資格取得を機に開業をし、キャリア軸にしたコミュニティやイベントの企画運営をしています。 

1度は医療業界から離れたのですが、私自身の価値観や今後のキャリアを考えたときに「医療業界への貢献」は1つの軸であることに気づき、今に至っています。自己紹介の詳細はコチラ

Nurselfをはじめるきっかけ

看護師の転職支援に10年以上関わる中で、漠然と心にあったのが(もっと笑顔で働く看護師を増やしたい)という想いでした。転職支援を通じて自分らしい転職ができて感謝をされることもありましたが、環境のせいで看護師という仕事を嫌いになってしまう方や自分らしさを押し殺して働いている方も多いとも感じていました。また、同時にそれらの課題は転職支援だけでは解決できないこともあると感じていました。

看護師は高齢化の日本には必要不可欠な仕事であり、且つ試験や適性もあるため誰でもすぐに出来るような仕事ではないと思っています。だからこそ、もっと笑顔で働ける方が増えるために自分に出来ることがないかを考えました。そこでキャリアコンサルタントという資格取得をきっかけに出てきた1つの答えがNurself(ナースセルフ)という看護師専門のキャリアメンターサービスでした。

Nurself(ナースセルフ)とはなにか?

Nurself logo

Nurselfとは自分らしいキャリアを実現するための看護師専門のキャリアメンターサービスです。

もう少し詳しく説明をすると看護師が笑顔で働くために自分らしいキャリアを実現する

そのためには「SmileCredo」(=自分らしいキャリアの指針)が必要だと考えていて、それを自己分析やメンターとの面談プログラムで自ら導き出していくというサービスです。

なぜ、看護師に「SmileCredo」が必要なのか?

Nurselfでは自分らしいキャリアを自分の意思で決めた生き方と定義しています。

高齢社会の日本では看護師は社会的ニーズが高く需要のある職業のため雇用は守られている反面、自分の意思で決めることに対して鈍感になってしまう環境でもあると思っています。

需要のある職業だとなぜ自分の意思で決めることに鈍感になってしまうのか、私のイメージを図にしてみました。

左の図は「看護師>自分」となっていて看護師としてのキャリアが前提にあるため、自分の意思でキャリアを決められていない状態を表しています。「せっかく看護師を取ったのだから..すべき」とか「看護師なんだからまずは病院で...」みたいな思考はまさに左の図だと考えています。

そして、需要があり雇用が守られているという状態というのはこの図で説明すると、業界や資格の枠線が色濃く、その線を越える心理的ハードルが高い状態です。この線の中にいると守られている反面、自分の意思決定の指針が曖昧なものになりやすく、結果として自分の意思で決めるということができなく(しなくてもよく)なってしまいます。

そこでNurselfでは自分の意思決定の指針を「SmileCredo」と名付け、看護師に業界や資格の枠を越えて自分の意思決定の指針を導き出すプログラムを提供しようと考えました。

プログラムを通じて「SmileCredo」が完成すると自分の意思で看護師というキャリアを決めることができるようになり、右側の「自分>看護師」となり自分らしいキャリアの実現ができるようになります。

Nurselfでは何をするのか?

「SmileCredo」を導き出すために35日間のプログラムを用意しています。プログラムはマズローの「欲求5段階説」や「キャリア・アンカー」、「職業的適合性」といったキャリア理論をベースに実際に様々な分野で活躍する看護師の方の意見も取り入れたNurself独自のプログラムとなっています。

各ステップごとにワークやメンターとの面談が設定されており、35日間で「SmileCredo」が完成するプログラムになっています。

少しでもご興味をお持ちいただき詳細についてもっと知りたい方はLINEで確認いただけますので、ご登録をお願いします。

Nurself LINE公式アカウント

 

さいごに伝えたいこと

最後に1つ大切なことを伝えたいのですが、私は看護師が医療介護業界の外に出ることを推奨している訳ではありません。本心では寧ろその逆です。

Nurselfを通じて今、置かれている業界や職業という枠を超えて自分の価値観や欲求を見つめ直し、導き出された「SmileCredo」「看護師を生かして...」とか「地域医療への貢献」となればそれはそれで最高だと思っています。Nurselfのサービスは個人レベルで捉えると自分らしいキャリアを実現するためのサービスなので、それが医療業界の内か外かはそこまで重要ではないです。

ただ、仕事に対して世間体で「やるべきだ」と思っている状態と自分の意思で「やる」と決めている状態ではアウトカムが変わると思っていて、結果的には看護師の方が「SmileCredo」を持つことが医療介護業界の人材不足を質の観点から解消できるものだとも考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Nurself

© 2021 Arch Nurse Powered by AFFINGER5