知識 転職

施設形態別の働き方のリアル part1

はてナース
看護師として復職を考えているんですが、1つの病院でしか働いたことがないのでそれ以外でどんな働き方があるのか分からないんです

そうですよね!看護師さんの働ける場所はたくさんありますが、それぞれのイメージって湧かないですよね。今回は施設形態別の働き方の特徴「勤務時間」「休みの取りやすさ」「求人の数」という視点でまとめてみました

施設形態別の働き方

看護師としての復帰や転職を考えてる方に対して、施設形態別の働き方の特徴をまとめました。
特にお子さんのいらっしゃる方は「どういうところで働きたいか」ということよりも「どういった働き方ができるか」がとても大事になってくると思います。そのイメージを少しでも掴んでもらえたら嬉しいです。
ただし、あくまでも一般的な話で、実際はそれぞれの事業所ごとに変わってきますので参考程度にしてもらえたらと思います。

◆ 病院(急性期病棟)

勤務時間(残業)
急性期の病棟での勤務は多忙です。15時までの勤務であっても急変や入院対応があれば、帰りが16時頃になってしまうというケースはよくあります。
民間の保育園で預けて働くとなると、どうしても迎えが遅くなって延長料金がかかったり先生に迷惑をかけることが多くなり、親も子もストレスになるので小さなお子さんがいて急性期で勤めたいという方には院内の託児所があるようなところをオススメします。
・休みの取りやすさ 
看護師さんの人数が多いので、比較的お休みは取りやすいですが、忙しい現場だとそれでもなかなか取りづらいというのが本音だとは思います。
・求人の数 
これまで勤めていた育休復帰の方が優先をされるため、外からの中途採用では外来だけとか15時までといった制限付きでの求人は少なくなっています。常勤で夜勤ができるということであれば比較的募集はあります。

◆ 病院(回復期/療養病棟)

・勤務時間(残業)
急性期の病棟に比べると、急変や入院がないため、残業時間は少ないことが多いです。
それでも看護師の人数や病棟の状況によっては大きく異なるので、気になる方は実際の残業時間は面接で聞いてみましょう。
・休みの取りやすさ 
比較的年配の看護師さんが多かったりするので急性期の病院に比べると、休みは取りやすいと思います。
ママさんナースも多く助け合いの精神が根付いているような素晴らしい病院も比較的多くあります。
この辺りは働き方に対しての看護部長さんの考え方もとても大切になってきますね。 
・求人の数 
急性期の病院と同等かそれより少し多いかなと思います。求人も比較的多くあり、夜勤ができなくても大丈夫な病院も多いです。子育てから復帰をする看護師さんにとっては恵まれている環境が多いかと思います。

◆ クリニック

・勤務時間(残業)
求人募集をかけているクリニックは忙しい(人手がいない)ので残業は必須だと考えてください。特に、内科、耳鼻科や小児科については、季節の変動が大きく時期によっては2.3時間の残業が当たり前になることもあります。
この辺りは面接時によく確認をして入ってからのズレがないようにしましょう。
・休みの取りやすさ 
看護師さんの人数が少ないので、正直取りづらいです。1人が休むことで業務に与えるインパクトが大きいので、小さなお子さんがいる看護師さんを敬遠するクリニックが多いのも事実です。
・求人の数 
求人数はあまり多くないです。募集が出たとしても欠員募集で早めに入職ができる方の1名のみというケースが多いので求人もすぐに募集は終了してしまいます。
逆にそんなに規模は大きくないのにいつも求人が出ているようなクリニックは何かしらその理由があるので、そこはしっかりと知人やエージェントに確認をして進めていきましょう。

病院とクリニックについてをまとめてみました。少し長くなってしまうので、part2 で介護施設や企業等の働き方をまとめています。

Part2はこちらを確認ください



-知識, 転職
-, , ,

© 2020 Arch Nurse Career Powered by AFFINGER5