Nurself Nurselfメンター紹介 産業保健師

【Nurselfメンター紹介 No4】makiさん

こんにちはArchNurse編集部です。

看護師専門のキャリア相談サービス「Nurself(ナースセルフ)」のメンターを紹介します!

前回の記事も大変好評で多くの方にお読みいただきありがとうございます。

今回ご紹介するのは、2箇所の病院でICUを経験し、現在は産業保健師として勤務をしながら、ご自身でも産業保健師に関するブログやコミィニティを運営されている「makiさん」です。実はmakiさんはNurselfの0期生でもありました。当時はグループ単位のサービスでそこでのリーダーシップやこれまでの経験を踏まえて、是非、メンターとして関わっていただきたいと思いお声がけをして引き受けていただきました。

Mentor Maki

makiさん

私はこんな人間です

1983年、神奈川県出身。中学から大学までテニス部に所属。全て副部長・副キャプテンという立場で、キャプテンを支えながら共に前進する機会に恵まれました。中学生の頃から医療に興味を抱き、家族や自分が生きていく上で役立つ知識や技術を身に付けたいと思い、看護師に。結婚・離婚の経験もあり、公私ともに山あり谷ありの人生ではありますが、「仕事もプライベートも楽しむことを忘れずに、自分らしく過ごす」ということを大切にしています。

職務経歴

大学病院と総合病院で計10年、どちらもICU病棟に所属。プリセプターやリーダー、師長代理の役割を担うとともに、教育委員としてスタッフ教育に関わり、ICUシステムの構築や病棟独自のキャリアラダーの考案など幅広い看護師業務を勤めてきました。将来に向けてライフスタイルを整えること、生活に身近な職務を希望したことから、産業保健師へ転職。大手金融業での保健師業務を経て、現在は建設業で産業保健師として従事しています。その他、産業保健師に関する情報発信ブログとして『産業保健師の部屋』を、産業看護職がゆるやかに繋がり高め合うオンラインコミュニティとして『産保ゆる会』を運営中。また、TCS・PAA認定コーチとしても活動しています。

得意分野

1.看護師・保健師としてのキャリア、看護師から保健師への転職

看護師・保健師として自分なりのキャリアを歩み進めてきました。仕事だけでなく私生活等含めると考えることが多岐に渡りますので、全体を捉えながら考え進めることが大切だと感じています。

また、看護師としての病院間転職、看護師から保健師への転職、保健師としての企業間転職といった種々の成功体験から、それぞれの違いやポイントを把握しています。広いネットワークがあり多くの情報が得られますので、転職後の状況も踏まえ、必要な情報をお届けします。

2.目標設定、自己実現

キャリアを見つめる際、何から考え、いつから始め、どう進むべきか等、よくわからないことが多々あると思います。そのような方へは、コーチとしての経験も活かし、目標設定から自己実現、更にその先まで自分らしく一歩一歩進むことができるよう伴走させていただきます。

 

さいごに一言
 Nurselfの参加者にどうなってほしいか?

「他者のキャリアを魅力的に感じる一方で、自分のキャリアが全く形作られていないと感じることはありませんか?」

キャリアの形は人それぞれ異なって当然ですが、自分で納得できる形になると嬉しいですよね。新しい視点を得て多角的に物事を捉えられるようになれば、自ずと自分らしいキャリアが築かれているはず。Nurselfでの活動により、自分一人では気付くことのできなかった「本当の自分」を発見し、自分に自信を持ち、自分らしく生きるための術を見つけていただきたいと思っています。そして、今だけでなくこの先の長い人生の中で、あなたらしいアイデンティティやキャリアを築きながら歩みを進めていただけると嬉しいです。

すいさん
【Nurselfメンター紹介 No3】すいさん

こんにちはArchNurse編集部です。 看護師専門のキャリア相談サービス「Nurself(ナースセルフ)」のメンター紹介 第3弾です! 本日ご紹介するのは、SNSのフォロワー総数20,000人超え、 ...

続きを見る

-Nurself, Nurselfメンター紹介, 産業保健師

© 2021 Arch Nurse Powered by AFFINGER5